• ホーム
  • 「年金対策」にもなるマンション経営!

「年金対策」にもなるマンション経営!

公的年金に頼らない、
ゆとりの老後を叶えませんか?
「マンション経営」で賢く備える!

「マンションを買える貯金なんてないけど、大丈夫?」「ローンの支払いできるかな…」
さまざまな不安を抱えている方はいらっしゃると思います。でも、安心してください。

「マンションを買える貯金なんてないけど、大丈夫?」「ローンの支払いできるかな…」
さまざまな不安を抱えている方はいらっしゃると思います。
でも、安心してください。

少ない頭金でスタート可能 ローンの完済後は、収入が年金代わりに

少ない頭金でスタート可能 ローンの完済後は、収入が年金代わりに

豊かなセカンドライフは、
公的年金だけでは実現困難です。

総務省の調査によると、無職ご夫婦の世帯(夫65歳、妻60歳)がゆとりある暮らしを送るのに必要な生活費は1ヶ月に約38万円と考えられています。これに対し、1ヶ月あたりの公的年金支給額が約19万円、平均的な支出額は約26.8万円で、預貯金を切り崩すだけでは、レジャーや趣味を楽しみながらの生活ができない状況です。さらに老後は医療費なども重なることから、老後の資金を貯蓄しておく必要性は無視できません。

老後の日常生活費は公的年金でまかなえると思いますか?

老後の日常生活費は公的年金でまかなえると思いますか?

老後生活費

老後生活費

※総務省統計局HP、家計調査報告(家計収支編) - 平成26年(2014年)平均速報結果の概況 - 2014年世帯属性別の家計収支より

マンション経営は、将来のリスクを軽減し、
安定した老後生活の支えとして注目されています。

ゆとりある老後生活 最低限の老後生活

2025年には3.3人に1人が65歳以上と予測されている日本。年金受給開始年齢が65歳に引き上げられ、2013年10月からは、既に段階的に年金の支給水準引き下げも行われています。受給開始から年を重ねるにつれて年金の給付水準がどう変化するのか、厚生労働省が試算結果を公表しています。1984年度生まれで現在32歳の夫婦の給付水準は、受給が開始される65歳時点(2049年度)で約50.6%の給付水準がありますが、75歳には約44.5%に低下、85歳を迎える頃には約40.4%の水準まで下がる見込みです(経済成長率が低い場合。経済状況により変動あり)。 このように公的年金を頼りにできない今、ゆとりのある老後生活を実現するために、家賃収入が年金の補填となるマンション経営がますます注目されているのです。

※生年度別に見た年金受給後の厚生年金の標準的な年金額(夫婦2人の基礎年金額を含む)の見通し

※(平成26年度財政検証)/厚生労働省HP(将来の公的年金の財政見通し)

マンション経営は、将来のリスクを軽減し、安定した老後生活の支えとして注目されています。

ゆとりある老後生活 最低限の老後生活

2025年には3.3人に1人が65歳以上と予測されている日本。年金受給開始年齢が65歳に引き上げられ、2013年10月からは、既に段階的に年金の支給水準引き下げも行われています。受給開始から年を重ねるにつれて年金の給付水準がどう変化するのか、厚生労働省が試算結果を公表しています。1984年度生まれで現在32歳の夫婦の給付水準は、受給が開始される65歳時点(2049年度)で約50.6%の給付水準がありますが、75歳には約44.5%に低下、85歳を迎える頃には約40.4%の水準まで下がる見込みです(経済成長率が低い場合。経済状況により変動あり)。このように公的年金を頼りにできない今、ゆとりのある老後生活を実現するために、家賃収入が年金の補填となるマンション経営がますます注目されているのです。

※「生年度別に見た年金受給後の厚生年金の標準的な年金額(夫婦2人の基礎年金額を含む)の見通し」

※(平成26年度財政検証)/厚生労働省HP(将来の公的年金の財政見通し)

  • point1マンション経営のスタートは今がチャンス
  • point2 マンション経営で年金対策
  • point3 万が一の時も安心な生命保険代わり
  • point4 マンション経営で効果的な税金対策を
  • point5 ほかの金融商品と比較しても安心な利回り
  • point6 オーナー様をサポートする万全サポートシステム

物件一覧Article List

グランフォーレ
大橋プレミア

福岡市南区塩原
西鉄電車天神大牟田線「大橋駅」
徒歩7分

1LDK(185戸)

資料請求・お問い合わせCONTACT

マンション経営に関する資料請求・お問い合わせは
お電話またはフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-1122-84

0120-1122-84

受付時間:AM10:00~PM6:30 / 定休日:土日祝日定休

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちらお問い合わせフォームはこちら

PAGE TOP